割烹着の成り立ち

割烹着の成り立ち

割烹着は日本で考案されたエプロンの一種であり、1900年頃女子大生により実験の際に使う作業着として開発されたという説や、料理教室の先生が料理教室へ通う上流階級の奥様・お嬢様の晴れ着を汚す心配なく、活動的に動きまわれる恰好はないかと考えだされたのが割烹着だという説などの諸説があります。

 

 

 

 

一覧へ
次へ

ニュース

ブログ

contact

増見哲株式会社 541-0059 大阪府大阪市中央区博労町3-2-14

06-6252-2291

メール

スタッフブログ

スタッフブログ

ページトップ
お問い合わせはこちらへ