2枚の生地から始まった

2枚の生地から始まった

最初は2枚の布を体の前後にかけ、たすきで留めた形だったそうです。
当時の台所作業は井戸水を汲んだり、板の間での作業が多く女性の足腰が冷えないように袖口を締め、体全体が覆われるようにするなど少しづつ改良が重ねられた結果、現在認知されている割烹着が誕生しました。

 

一覧へ
前へ

ニュース

ブログ

contact

増見哲株式会社 541-0059 大阪府大阪市中央区博労町3-2-14

06-6252-2291

メール

スタッフブログ

スタッフブログ

ページトップ
お問い合わせはこちらへ